女性ホルモン減少に伴う更年期障害にはエクオール。

女性ホルモンは、30歳を過ぎた辺りから急激に減少してきます。
これは妊娠するための能力にも深く関わりがあるのですが、卵巣ホルモンの分泌が衰えてくるのがだいたい30歳ぐらいからです。
さらに40代になると、その衰えは目に見えて出てくるので、更年期障害に注意が必要です。

ホルモンのバランスが崩れると、見た目が老けてみえるだけでなく精神的にも不安定になります。
日々の食生活の中で出来る更年期障害対策としては、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンの摂取を心がける事です。

でもそう大豆食品ばかりしょっちゅう食べていられないという方には、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカ、プラセンタといった成分配合のサプリメントを摂取すると良いでしょう。
最近になって注目されているエクオールなども効果的です。

参考:女性ホルモンはエクオールサプリで増やせる?

こういった女性ホルモンに似た働きをするサプリの摂取によって、生理不順や更年期障害も克服していけるようになります。
プエラリアミリフィカ成分の摂取に関しては、1日に定められた分量をしっかり守らないと、あまりも摂取しすぎると副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。

女性ホルモンの分泌を促す栄養分はちょっと特殊です。
日々の食生活で上手く補えない時には、このようにサプリメントを上手に取り入れると、毎日のホルモンバランスも保たれてきます。