引っ越し屋のなかで一番安い業者を選ぶには?

僕は大学卒業に新卒として大手企業に就職し、地元の支社に配属されました。
全国に支店がある為、転勤があると入社した際に言わており、心の準備はしていいましたが、いざ急に転勤と言われると何から手をつけていいのか分かりませんでした。
転居に伴う費用は会社負担でしたが、引っ越し業者の選定は各自で手配というのが決まりでした。
そのため、自己手配することに。

経費として上限も決まっていたので、なるべく費用が一番安い引っ越し業者を選ぼうと決めていました。
が、なんせ転勤はしたことがなく、知識も乏しいので友人に相談してみました。
すると、インターネットで費用の見積りを一括で出せるサイトがあるから調べてみてと言われたので実際に見てみました。

調べてみると、言われた通りに見積りを比べることができたので、その中で一番安い会社にすることに決め申し込みしました。
金額を抑える為に、現地で購入すれば良い物と、送った方が良い物をリスト化することで、金額を抑えることに成功しました。
しかし、作業担当の方の対応はあまりよくなかったです。

安いからサービスが良くないとは言い切れませんが、不安な人は大手の引っ越し業者を利用するのが無難かも知れません。
もし、費用を抑えたいのであれば一度、ネットなどで知識を頭に入れてから、見積もり先の選定をすることをお勧めします。


引っ越し業者の選定はネット検索が今や常識に

日本全国に展開している会社は非常に数が多く、その価格も多種多様となっています。
一回の転居に伴う料金やサービス、そして作業を行う人の人数等、各サービスに応じて変わってきます。

そんな中、より簡単に安い引っ越し業者を選定する方法として、インターネットの一括検索と口コミ検索が一番お勧めです。
この二つのサイトを活用する事により、具体的な価格から、口コミを参考に実際の利用者の声を知る事が出来ます。
現在は非常に数多くのサイトが登場しており、より簡単に比較ができます。

まず、希望の日程と、引っ越し前と後の住所、そして荷物の量の情報があれば簡単に価格を知る事が出来ます。
一度情報を入力するだけで数社から数十社の業者の見積りを受け取る事が出来るでしょう。
その中で一番安い会社をピックアップし、再度価格交渉を行うとさらに安くなる可能性もあります。

そして引っ越し業者を選定する際には、そのサービスの内容にも注目し、丁寧なサービスや人数、そして荷物の梱包等どこまで対応してくれるのかを知るのも良いでしょう。
荷物梱包を依頼すると価格が大きく上昇するケースもありますので、ご自身で対応出来るのであればご自身で梱包をするとさらに価格を下げることにも繋がるでしょう。

参考サイト:http://www.moving-vendor.com/