アレルギー性鼻炎(花粉症など)の原因と解消法。

風にのってきた花粉が原因となるアレルギー性の病気を花粉症といいます。
今や国民病とも言える状況なので、普通の人ならご存知だと思います。
花粉症という病気の内容はアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎や気管支喘息などがあります。
風にのった花粉を抗原といいます。

抗原を吸っているうちに、それ対する抗体が体内で作られます。
抗原が体内に入ってきたら抗原抗体反応がおこり花粉症の鼻炎などのアレルギー症状がでてきます。
原因となる植物はスギの花粉が一番多いいのですが、原因の植物の咲く時期や、多く育つ地域などで特徴があります。

スギ花粉の時期は2月から4月頃で東北より西に多く見られます。
背高あわだち草などは8月から9月に多くて、ヨモギなどは9月から10月ころの秋にでるようです。
症状は、鼻と目にでてきます。

鼻は、くしゃみや鼻水、鼻づまりが出てきます。
花粉の量が増えてくると喉にもかゆみや痛みなどの症状がでてきます。

目は、まぶたのかゆみや涙が流れたりします。
アトピー性皮膚炎の患者さんなどは皮膚症状の悪化もみられるようです。
治療方法は花粉を避けることが一番ですが、子供の場合は難しいようです。
薬で治療する場合は内服するものと噴霧するもや点眼薬などがあります。

最近では減感作療法は抗原を体内に入れることで、少しずつ身体をならしていく方法があり、効果を持続するので根本的な治療方法なようです。
一番負担がないのは、鼻づまりを解消するお茶を飲むことです。
お茶で?と思いますよね。
意外に効くようです。

参考:鼻づまりの原因