浮気の証拠の調査方法

自分で浮気の証拠を集める方法・見つけ方

夫が不倫をしているのではないかと疑った時に、大事なのが物証になります。
浮気をしている時の決定的な証拠がないままで、相手を疑っていることを問い詰めても、逆切れされてしまったり、シラを切り通されてしまうことがあります。
夫に切り出すのは、証拠を集めて言い逃れができない状況を作った上でにしましょう。

特に大事なのは、携帯メール、通話履歴などから確認をすることです。
頻繁に電話をしている、メールをしているなどがあれば怪しいですし、メールの内容などから浮気がわかるものもあります。
しかし最近では携帯にロックがかかるようになっています。

暗証番号を入力したりする必要があり、浮気をしている人なら特に携帯をロックしないままで、手に届くところに放置しない可能性も高いです。

携帯を見る以外には、カーナビで記録を探るという方法もあります。
女性とのデートで行った場所をカーナビで検索して履歴に残っている場合もあるので、行動が把握しやすいです。

また財布が手に届く場所にあるのであれば、レシートから不自然な買い物、食事の記録が出てくることもあるでしょう。
レシートには日付と時間が入っているので、その日が仕事だと嘘をついていたり、残業をしてきたと言っている時間に行動をしていたなら怪しいです。

夫の行動を記録して、この日は何時に帰ってきた、どこに行くと言って家を出たかなど残しておくと、矛盾した行動に気づきやすいです。
残業が急に増えておかしい、休日出勤と言って出かけるなどの場合は、会社に用事を作って電話を入れてみるのも良い方法です。
夫が本当にいるかどうかという状況がつかめます。

このように証拠を色々な方法でつかんでいき、積み重ねることで確信につながる物証が得られます。

参考:http://浮気の証拠.jp/

探偵が浮気の証拠を集める方法

プロが行う一番メジャーな方法と言えば、やはり尾行です。
メールから浮気の証拠を掴む事もできますが、メールを見ようとなると犯罪的な行動を起こす事が必須となりがちであり、調査を行なう側が不利となりがちです。
ハッキング、携帯電話の盗み見、などですね。

尾行は私有地などに入らなければ犯罪とは適用されにくく、プロが簡単に行なえる浮気の証拠を集める方法として昔から活用をされています。

調査対象が異性とお茶をした、買い物をした、程度では不貞行為として認定されません。
二人で宿泊施設に入って行った、どちらかの自宅に頻繁に通っている、といった確実なる証拠を抑えなければなりません。

しかも単に、宿泊施設に入って行く様子を眺めていただけでは、浮気の証拠にはなりにくいです。
そのために写真を撮影する事が必要になるのですが、プロはやはりプロらしく撮影に便利な機械を所持しています。

人通りの多い場所ならば携帯電話で撮影をしても気付かれにくく、撮影時の音も人ごみに紛れるのですが、人通りの少ない場所で撮影のために電話をかざしていたら目立ちやすいですよね。
そのため、特殊な小さい撮影器具を用意している探偵事務所や、洋服やバッグに巧みにカメラを隠す方法で撮影をする興信所が多いようです。

浮気の証拠集めのために探偵を探す方法

浮気の証拠を集めたいので、探偵事務所を見つけたい時ってありますよね。
しかし、探偵事務所もピンからキリまであると言われています。
やはり良い探偵事務所に依頼して、できる限り低コストで短期間で浮気の証拠を集めたいと思いませんか?

そのためにも、良質な探偵オフィスを見つける方法が重要になってきます。
探偵事務所の中でも、金銭目当てで営業しているようなところもたくさんあります。

そのようなところは、一度、浮気調査の相談に行っただけでも、勧誘が激しかったり、無理やり契約させられそうになったりと、トラブルが何かとあります。
気持ちよく相談できるオフィスが一番です。

営業があまりに激しいのは、あまりお客様想いの方法だとは言えません。
本当に良い探偵事務所は、お客様に選択権や考える猶予を与えてくれますので、一度無料相談に来てみて話を聞き、それを一度家に持って帰り、よく考えた上で契約の決断をして下さいというようなスタンスで、焦りません。

しかし、儲け主義のところであれば、積極的にアプローチしてくるので、よく考える暇もなく、つい契約をしてしまったというケースもあります。
初回に言われていた金額よりも、実際、総額はもっと高くなってしまったというケースもあります。

これは、説明不足という事もあります。
追加代金がどんどんと加算されてきてしまい、最初の見積もりと大分違ったような金額になってしまったというケースなのです。