自分で浮気の証拠を集める方法。

夫が不倫をしているのではないかと疑った時に、大事なのが物証になります。
浮気をしている時の決定的な証拠がないままで、相手を疑っていることを問い詰めても、逆切れされてしまったり、シラを切り通されてしまうことがあります。
夫に切り出すのは、証拠を集めて言い逃れができない状況を作った上でにしましょう。

特に大事なのは、携帯メール、通話履歴などから確認をすることです。
頻繁に電話をしている、メールをしているなどがあれば怪しいですし、メールの内容などから浮気がわかるものもあります。
しかし最近では携帯にロックがかかるようになっています。
暗証番号を入力したりする必要があり、浮気をしている人なら特に携帯をロックしないままで、手に届くところに放置しない可能性も高いです。

携帯を見る以外には、カーナビで記録を探るという方法もあります。
女性とのデートで行った場所をカーナビで検索して履歴に残っている場合もあるので、行動が把握しやすいです。

また財布が手に届く場所にあるのであれば、レシートから不自然な買い物、食事の記録が出てくることもあるでしょう。
レシートには日付と時間が入っているので、その日が仕事だと嘘をついていたり、残業をしてきたと言っている時間に行動をしていたなら怪しいです。

夫の行動を記録して、この日は何時に帰ってきた、どこに行くと言って家を出たかなど残しておくと、矛盾した行動に気づきやすいです。
残業が急に増えておかしい、休日出勤と言って出かけるなどの場合は、会社に用事を作って電話を入れてみるのも良い方法です。
夫が本当にいるかどうかという状況がつかめます。

このように証拠を色々な方法でつかんでいき、積み重ねることで確信につながる物証が得られます。

参考:男はなぜ浮気をするのか?