遺産相続争いの泥沼で弁護士相談した体験談

私は東日本大震災で叔父と遺産相続争いになりました。
叔父は嘘つきで言った事を守らないため泥沼のトラブルになり、弁護士に相談して手続きを進めて貰うようにしました。
遺産相続の争いは、実はもう3年以上続いています。
まだ争っている最中ですが、弁護士に相談してからは、叔父からの直接の連絡はないので、すごく精神的に救われています。

遺産相続トラブルの解決を弁護士に依頼すると、着手金や報奨金は高いのですが、向こうが最初に依頼したため、私達も依頼せざるを得ませんでした。
こちらはは知り合いの紹介でお願いしましたが、個人事務所であったため、相手の弁護士よりいささか作業スピードや知恵などが少ないように感じました。

但し、叔父の嘘がどんどんばれていったいったため、泥沼のトラブルになって、長い期間が経つのに遺産相続は終わっていません。
相手に意見陳述を送っても、返信が返ってくるのがいつも半年後とかになるので、何故そんなに遅くなるのだろうか今でも不思議です。

私は弁護士の方をはさむ事によって、嘘がばれてくれて、本当によかったと思っております。
私の父は法律事務所に相談する前に亡くなったのですが、死人に口なしで、あることないこと叔父が嘘をつきまくりました。

それを証明するには、本人が亡くなってしまったからもうどうしようもありませんが、無念を晴らすためにも弁護士に依頼するのは良いと思いました。
ただ、これから報奨金を払えるかどうか、少し怪しくなってきました。

時間が経過してしまい、もうお互いある程度お金が底を尽きてきたので、この泥沼のような遺産相続を早く終わらせたいです。

参考:無料電話相談24時間

遺産相続問題は無縁と思っていたが泥沼になって弁護士相談

同居していた祖母が亡くなりました。
祖母には3人の子供がおり、一人が私の父で、あとは叔母と叔父でした。

祖父はすでに亡くなっていたので、祖母のものを子供たち3人で遺産相続する事になったのですが、そこで泥沼の争いがありました。
元々、祖父母と同居していた土地の名義が一部、祖母の名義だったのです。

その上に立っている家は父の名義だったのですが、兄弟である叔父が、祖母名義の土地に関し、自分の遺産相続分の金額を支払って欲しいということでした。
そのため叔母も入れて話し合いをすることになりました。
その時に、叔父は父が「特別受益」というものを受取っているという事を言い出したらしく、遺産相続の増額を求めてきたようでした。

そこでは話がつかなかったため、後日また話し合うという事になったのですが、その後、叔父の代理人という弁護士から連絡がありました。
父は、兄弟間の争いに法律事務所を入れるのはおかしいと思いました。

しかし結局私たちも素人なので、弁護士に遺産相続の相談に行くことになりました。
法律事務所でこれまでの事を相談すると、叔父の主張する特別受益には当たらないとのことで、その部分を話し合うようにすべきとの事でした。

弁護士に聞いた所では、話し合いでまとまらなければ、裁判所に調停の申し立てる手順をふむようです。
父は兄弟間で裁判するような争いはしたくないし、そもそも叔父の考えの真意を聞いて、非常にショックを受けていました。

泥沼の遺産相続問題が落ち着いた後は、叔父とは一切連絡を取っていないようです。
兄弟間で遺産相続相続の問題がトラブルに発展するとは、とても驚きを感じました。