住宅生前贈与による相続税対策が増加。

住宅の生前贈与に関する実例は、年々増加してきているのではないかと考えられています。
積極的に住宅を生前に親族に贈与することを検討する動きが、以前に比べて活発になってきていると推測されています。
住宅は大掛かりな贈与の作業になることが多く、生前贈与で相続税対策にも繋がるのではないかとみられています。

そのため、このような傾向が如実なものとして見受けられるようになってきつつあり、スタンダードな動きのひとつとして捉えられているのではないかとみられています。
このような動向を踏まえ、住宅の生前贈与の手続きを円滑に進めるためのサポートも、積極的に展開されています。
そのため、滞りなく生前の贈与が完了し、住宅の相続が進められる環境が整備されるのではないでしょうか。

贈与する住宅の価値がどの程度あるかによっても、生前贈与のプロセスが変わってくると想定されています。
贈与税の算出や相続後の価値の変化など、多岐にわたる面を確認したり、シミュレーションしたりすることが、住宅の生前贈与では大事なポイントになるのではないかとみられています。
今後も住宅の生前贈与は、より高い頻度で行われるとみられているため、その動向に興味が示されるのではないかと思います。

参考サイト:相続税対策ガイド|争いを防ぐための相続対策と5つの節税法