学生時代に飲食店でアルバイトをしていたせいか、爪を伸ばす習慣がなく、いつもある程度伸びると切ってしまっていました。
一人暮らしのため、社会人になってからも料理や掃除をすることを考えたら、別段爪を伸ばす理由が見つからず結局学生時代の習慣が続いていました。
しかし、ちょっとだけ出かける用事があり、短い爪だと服の雰囲気と合わなそうなので、爪を少し伸ばして、ネイルをすることにしました。

 

ネイルサロンでするほど気合の入った用事ではないのですが、少しだけ爪を伸ばして、形を整えるだけでも服の雰囲気にあうようになるのではないかなと思います。
爪に何も付けないままだとすぐに切りたくなる上に、爪が割れてしまいそうなので、しばらくはベースコートとトップコートを重ねづけして、爪の補強をして伸ばすことにしました。
まだ爪は伸びかけでもう少し長さが欲しいと思っているところですが、こうしてシンプルなネイルを塗るだけでも手が綺麗に見えるものだなとしみじみ感じています。

 

ただネイルを塗っていると爪がすぐに傷んでしまうので、ハンドクリームをよく塗りこんだり、オイルで指先をマッサージしたりしています。
なるべく綺麗な爪でお出かけ当日を迎えられるといいなと思います。