千代田区丸の内、帝劇ビル地下2階の老舗「神田きくかわ日比谷店」。

神田きくかわ日比谷店は、ジャニーズが舞台しがちな帝国劇場のビル、帝劇ビル地下2階にあるうなぎ屋さんです。
一番の最寄駅は日比谷駅で徒歩3分ほど、有楽町駅からも徒歩圏内でアクセスは抜群ですし、帝劇には駐車場があるため車でも来られます。
昭和22年創業という老舗のうなぎ屋さんで、他にも数店舗あるようです。

お昼頃、神田きくかわ日比谷店にお邪魔しましたが、丸の内の企業戦士の方々が10人ほど並んでいました。
中には外国の方もいらっしゃいました。
お昼休み中に食べられるかな・・・と心配でしたが、意外と回転が早く店内に飾られてある俳優の竹脇無我さんの直筆サインを見ている間に10分も待たずに席に通していただきました。

神田きくかわ日比谷店の店内は瓦屋根があったりと和風で落ち着く雰囲気でした。
メニューは白焼き、きも焼き、鰻巻き、骨せんべいなどの一品料理と、うな重はイ、ロ、ハの3種類と特選があり、どれもお新香と肝吸い、フルーツが付きます。
お値段はイが約3000円でそれぞれ約1000円ずつ加算されます。
値段以外のイロハの違いは残念ながらわかりません。

待っている間に注文は済ませていたので、それほど待つことなくうなぎにありつけました。
待っている間に思ったのですが、神田きくかわ日比谷店は煙も匂いも全く篭っていませんでした。
まだ仕事中なので、洋服に匂いがつかないのはありがたい。
なにか工夫をされてるんだろうなと思いました。神対応です。

まず、タレが卓上に常備されているのがありがたい。
お盆に乗ったお重の蓋を開けてびっくり。
うなぎが折れ曲がった状態で入っています。
うなぎが丸々1本入っているようです。

まず肝吸いから。美味しいお出汁がしっかり出ていて上品なお味。
うなぎはほわほわで柔らかく、こんがりと焼けあがっていて美味しい!!

わたしはタレの追加はしませんでしたが、少し追加してもよかったかもしれません。
神田きくかわ日比谷店は、ご飯の大盛りもできますが、充分ボリュームがあります。
個人的には浜松のうなぎより美味しかったです。

店名:神田きくかわ日比谷店
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビルB2F
電車:03-3211-4939

焼津市、おいしい海鮮料理を食べるなら、「焼津浜食堂」。

焼津観光の中心地といえば「焼津さかなセンター」が有名ですが、さらに港の方にいくと個人で経営している小さなお店が何軒かあります。
観光客でごった返すのが苦手な方や、地元の方と近い距離で話をしてみたい方などには、焼津港付近まで行ってみることをおすすめします。
その中の一つが「焼津浜食堂」です。

焼津浜食堂は、「カネオト石橋商店」が経営している食堂で、1階は商店、2階が食堂になっています。
食堂は堤防より上になるため、海のいい景色を見ることができます。
ちなみに1階の商店の名物は「カツオの塩辛」で、お酒の肴にとても良い逸品です。

焼津浜食堂では、マグロ・カツオを中心とした定食をいただくことができます。
おすすめは「海鮮丼&マグロ生姜焼きセット」です。
海鮮丼のおいしさはお伝えするまでもないかもしれませんが、焼津浜食堂のマグロ生姜焼きもとてもおいしいです。
豚肉よりもあっさりしていて、ほろっとした食感がたまりません。

また、珍味である「カツオのへそ」もぜひ食べてみてほしい一品です。
へそといっても、心臓のことで、少し固めの食感と味が癖になります。
海産物や雰囲気など、焼津の魅力をふんだんに詰め込んだ食堂だと思います。

店名:カネオト石橋商店 焼津浜食堂
住所:静岡県焼津市城之腰91-5
電話:054-628-2927